読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひよこのぼやき

日々の出来事をぼやき付きでご紹介

木村沙織、今季で引退!!ありがとう!ミラクルサオリン!!

 

 

まぁ、時代は流れてるんだなぁ~って思うのが、こういう事ですよね。

初めて日本代表になった頃から見てたから、この人の苦労も一緒に見てきた感じあるけど、私ただテレビの前で見てただけだったw

 

あ、すいません、こんな事があったんですよ↓↓↓

 

 

headlines.yahoo.co.jp

 

いやぁ、ついにこの時が来てしまいましたねぇ~。

木村沙織選手が初めて日本代表になったのが、高校生の時、17歳でした。

当時のバレーボール日本代表高橋みゆき選手竹下佳江選手もいて、その時代がホントに好きだったんですよねぇ~。

 

高橋選手は絶対的なエースで、背の高い海外選手を相手にする時は、ブロックアウトを狙って、わざと上に向かってアタックするという、なんとも奇抜な戦法をしていました。

 

「世界最小最強セッター」と呼ばれた竹下選手は、159cmとバレーボール選手としてはとても小さい体で、ずっと日本代表を支えていました。

竹下選手は、代表入りした当時、試合に負けると「あんなに小さい選手を入れるからだ」と周りから相当叩かれたそうです。

 

 

しかし、その悔しさをバネにそこからの快進撃がすごい!

 

 

どんなに体制が悪くなっても、2打目は必ず自分が打つ!という決意を胸に、必死にボールを追いかけ、本当にとるのが精いっぱいのボールでもセッターとして、「トス」としてのボールを返す!

 

そして、その苦しい体制からのボールを渡されるのは、高橋みゆき選手でした。

少しブレていたとしても、高橋みゆき選手なら決めてくれる!そういった信頼感からの連携プレーでアタックが決まった時は、テレビの前で本当に興奮しました!!

 

 

そんな中ですよ・・・

 

 

「ミラクルサオリン」と呼ばれるほど、若くして多彩な才能を見せてくれたのが木村沙織選手でした。

 

高橋みゆき選手が大活躍している中、やはりエースというのは他の国から研究されまくり、弱点を狙われまくるのです。そんなピンチの時に活躍するのが木村選手!

どこからでもアタックを打ってくるんですよねぇ~。

 

さらに、何がミラクルかって、彼女はとても器用というかア、持っているのはタッカーの才能だけでは無かったんです。

 

 

 

竹下選手の小ささをカバーするために、竹下選手が前にくるターンの時は竹下選手は控えの身長の高い選手と交代します。

しかし、そうするとセッターが不在の状態になってしまいます。その時に活躍するのが木村沙織選手!

竹下選手が戻るまで、木村選手がセッターをやっていたのです。

一時期は、竹下選手の後任セッターになるのでは、と言われるほど、セッターとしての才能もあったのでしょう。

 

 

ただその後、アタッカーとして絶対エースとして成長していった木村選手ですが、やはりエースの宿命として、対戦相手からの執拗なまでの弱点攻撃をされていきます。

サーブをとるのが苦手だという事がバレてしまい、サーブの時はとことん木村選手めがけて打ってくるんです。しかも、その時に体制を崩してしまうので、アタックも出来なかったり・・・

 

本当にあの時期は、見ているこちらも力が入りました。

 

ただ、弱点はもちろんそのままにしません!本人もサーブを受ける練習をしたり、リベロの人がカバーに入るなど、対策を練ったりしていました。

そして、海外のチームに入って、さらなる技術も学んでいき、真のエースとなって帰ってきたんです!

 

そして、初めてのオリンピック、アテネから、北京、ロンドン、リオデジャネイロ

4大会連続代表入りをしたのです!!!

 

 

4大会連続代表入り!!!!

 

 

もう、ここだけで分かりますよね。バレーボール女子日本代表にとって、木村沙織選手は欠かせない人でした。

 

しかし、そんな木村沙織選手、今季を持って引退・・・

 

寂しいわぁ~~~~!!!

 

テレビの前でどれだけ「きむ~らさおり!!」(木村選手への定番の掛け声)って言ったと思ってるのさぁ~

 

まぁ、4大会もオリンピック出てるんだから、十分っちゃあ十分なんですけどね。

まだまだ見ていたかったなぁ~という思いはありますよね。

 

でもまだ30歳なんですよね。ホント、アスリートって若い時が勝負の競技が多いですよねぇ~。

 

いやでも、今まであんなに楽しませてくれて、頑張ってる姿を見せてくれて、元気をくれた事に、本当に感謝です!!!

 

次なるスター選手誕生を心待ちにして、これからもバレーボール女子を応援していきたいと思います!!

 

んじゃまたぁ~